2月、パリ・モナムール

世界一ロマンティックな街で聖バレンタインを祝いましょう!

冬まっただ中、パリの気温も一番低くなるこの季節ですが、恋人たちの心は2月14日の聖バレンタインにあつく燃えています。展覧会、コンサート、ショー…カップルにぴったりなイベントが2月のパリには勢ぞろい。どれでも、お好きなものを選んでください!

恋の都パリは、ロマンティックな恋の逃避行にぴったり。石畳の小道や秘密の抜け道やアーケード、魅力あふれる広場、優雅な公園…手をつないで歩くにはただでさえ理想的な舞台ですが、パリは別名“光の都”。さらなる演出を用意してくれています。まだまだ寒くても、愛する人の腕のなかで街の魅力を発見してください!

詳しくは« Paris romantique »をご覧ください

恋人とのデートに

La Pente de la Rêverie - Maison de Victor Hugo

ふたりだけの素敵な時間を過ごしたい? 2月のおすすめイベントをご紹介しましょう。

2月、パリ市の文学関連博物館は、フランスが誇る大作家たちの内面に切り込むような企画をご用意しています。

ロマンティックなヴォージュ広場にあるヴィクトル・ユゴーの家では、この偉大なフランスの作家の1篇の詩をテーマに、その詩と同名の展覧会La Pente de la rêverie (夢想の坂)を開催中(4/30まで)。

パッシー地区(16区)の情緒あふれるバルザックの家では、4月まで、彼の短編小説Une passion dans le désert (砂漠の情熱)に着想を得た絵画が展示されています。兵士と豹の奇妙な愛情を描いたこのきわどい短編は、フィギュラシオン・ナラティヴ(物語的具象)派の多くのアーティストにインスピレーションを与えました。

どこか遠くへ行きたい気分ですか? では、世界屈指のロマンティックな街、ヴェネツィアを発見しに出かけましょう。コニャック=ジェイ美術館Sérénissime! Venise en fête, de Tiepolo à Guardi (静謐この上なき共和国!祝祭のヴェネツィア ティエポロからグァルディまで)展(6/25まで)は、ヴェネツィア派の巨匠による絵画約60点を通じてドージェの国の盛大な祝祭を見事によみがえらせてくれます。

中国系アメリカ人アーティスト、ウォレス・ティンの華やかな作品にパートナーとふたり、うっとりしてみるのはいかがでしょう。チェルヌスキ美術館では2月26日までWalasse Ting. Le voleur de fleurs (ウォレス・ティン 花泥棒)と題する展覧会を開催。植物のような体の女性たちを描いた素晴らしい巨大なコンポジションを含め、70点の作品が集められています。色彩豊かでエロティシズムあふれる回顧展。

あなたの感覚を目覚めさせたければ、フォーブール=サントノレ通りの個人の邸宅に2016年12月オープンした陶酔の館、Grand musée du Parfum(グラン・ミュゼ・デュ・パルファン 香水大博物館)へどうぞ。感情や知覚、快感にも作用する、ユニークな嗅覚体験ができるはずです。

ロマンティックな夜がお好みなら、一生に一度はやっておきたいのがオペラ座ガルニエ宮デート。ナポレオン様式の素晴らしい装飾にクリスタルのシャンデリア、壮麗な階段…その雰囲気に圧倒されます。2月14日の演目は、ウェイン・マクレガー振付のコンテンポラリー・バレエTree of Codesです。

展覧会

Valentin de Boulogne, Réunion dans un cabaret © Musée du Louvre, dist. RMN - Grand Palais Martine Beck-Coppola

2月は、インドアであたたかくすごせる展覧会巡りがおすすめ。ぜひ行っておきたいイベントも目白押しです。

ルーヴル美術館2017年カルチャーシーズンの幕を開けるのは、Vermeer et les maîtres de la peinture de genre (フェルメールとオランダ黄金時代の風俗画の巨匠たち)。このオランダ人画家の大規模な回顧展がフランスでおこなわれるのは初めてで、「牛乳を注ぐ女」など世界的に知られる彼のいくつもの傑作と、オランダ絵画の黄金時代の画家たちのそれ以外の作品が展示されます。オランダ絵画について詳しく知りたい方は、シュリー翼のChefs-d'œuvre de la collection Leiden, Le siècle de Rembrandtもご覧ください。
フランス・カラヴァッジェスキ派を代表する画家ヴァランタン・ド・ブーローニュを取り上げた初めての個展、Valentin de Boulogne. Réinventer Caravage (ヴァランタン・ド・ブーローニュ カラヴァッジョを再発明する)にもどうぞ。この3つの展覧会は、いずれもルーヴルで、2月22日から5月22日まで開催されます。

今度は19世紀まで時代を下り、印象派の巨匠の1人をクローズアップした展覧会を見に、マルモッタン・モネ美術館へ出かけてみてはいかがでしょう。Camille Pissarro. Le premier des impressionnistes (カミーユ・ピサロ 最初の印象派)では、ピサロの傑作75点を鑑賞できます(2/23〜7/2)。

メゾン・ルージュL’esprit français - Contre-cultures en France, 1969-1989 (フランス的精神─フランスのカウンターカルチャー 1969-1989)で、アートの形をとった“メイド・イン・フランス”流の異議申し立てを取り上げます(2/24〜5/21)。標題の20年に関する幅広いグループ展です。

まもなく終了

2016年の目玉となっていた展覧会が2月もまだいくつか見られます。ピカソ美術館Picasso-Giacometti (ピカソ─ジャコメッティ)展(2/5まで)、リュクサンブール美術館Fantin-Latour. À fleur de peau (ファンタン=ラトゥール、張りつめた感性)(2/12まで)、ルイ・ヴィトン財団美術館Icônes de l’art moderne. La collection Chtchoukine (現代美術のアイコン、シチューキン・コレクション)(3/5まで)、パリ市立近代美術館Bernard Buffet (ベルナール・ビュッフェ)展(2/26まで)です。

その他に…

見本市、イベント、フェスティバル

Salon international de l'agriculture © SIA2016 FOUCHA MUYARD

2月はカーニバル(謝肉祭)の季節でもあります。2月26日はガンベッタ広場のCarnaval de Paris (パリのカーニバル)に集合してください。仮装した人や山車も出るパレードのにぎわいは、冬の寒さも吹き飛ばしてくれるでしょう!

メゾン・ド・ラ・ラジオでは、今年の2月10日〜19日に26回目を迎えるラジオ・フランスの音楽創作フェスティバルPrésences (プレザンス)を開催。さまざまな現代音楽を聴くことができます。

車好きの方は、クラシックカーの国際モーターショーRétromobile (レトロモビル)へどうぞ(2/8〜12)。

アートの見本市もあります! 2月15日から19日まで、グラン・パレのネフ(中央スペース)でおこなわれるArt Capital (アール・キャピタル)には、アーティスト2,500人の作品が集まります。

雰囲気はだいぶ違いますが、フランス最大の農業の集いにもふれておきましょう。田舎の空気を吸った気分になりたかったら、2月25日から3月5日まで開かれるSalon international de l’agriculture (国際農業見本市)へ出かけてみてください。

ショー

Saturday Night Fever  © JACOVIDES MOREAU BESTIMAGE

パリは歌が大好き! 2月は新しいミュージカルが3つもスタートします。2月9日からはパレ・デ・スポールSaturday Night Fever (サタデー・ナイト・フィーバー)が上演開始。フォリー・ベルジェールLes Choristes (コーラス)は2月23日から、カジノ・ド・パリPriscilla, folle du désert (プリシラ 砂漠の女王)は2月25日からです。

スポーツ

Paris Grand Slam de judo | 630x405 | © DR

ラグビーが好き? 2月は伝説の対抗戦Tournoi des Six Nations 2017 (シックス・ネイションズ2017)がスタートします。2月12日日曜日は、スタッド・ド・フランスでフランス対スコットランド戦を観戦しましょう。

柔道ファンには、2月11から12日まで、アコーホテルズ・アリーナ(ベルシー・アリーナ)でトップ選手たちが対戦するJudo Paris Grand Slam (柔道グランドスラム・パリ)があります。

Book your activity
Book your accommodation