7月と8月:パリの空の下

フェスティバル、音楽、映画、演劇…どのイベントも、すべて夏モード!

7月と8月のパリでは、さまざまな野外イベントで夏を満喫できます。晴れた空、輝く太陽…長い昼と気持ちの良い夜を思う存分楽しむための方法は、数えきれません。夏のパリで素敵な思い出をつくりたければ、7月14日のパリ祭に出かけ、パリ・プラージュでリラックス、ツール・ド・フランスのゴールで感動し、ありとあらゆるフェスティバルに足をはこぶこと…。絶対に見逃せないイベントをいくつかご紹介します。

革命記念日─パリ祭

Feu artifice 14 juillet tour Eiffel © DR

夏のハイライトは、なんといってもfête nationale du 14 juillet (7月14日の革命記念日)でしょう。今年の14日金曜日のプログラムは盛りだくさんです。朝はまず、シャンゼリゼ通りの軍事パレード。“世界でもっとも美しい通り”をコンコルド広場まで行進します。上空の航空ショーも圧巻です。夜はあちこちの消防署でbal des pompiers (消防士のダンスパーティー)が開かれ、盛り上がります。このパーティーは前日、13日の夜に開かれる場合もあるので、ご確認ください。壮大なfeu d’artifice (花火)がエッフェル塔を彩り、記念日の夜は華やかに幕を閉じます。

詳しくは« Paris fête le 14 juillet »をご覧ください

フェスティバル

フェスティバルも多いのがパリ。趣向もスタイルもさまざまです。音楽、映画、演劇…。夏の予定は、あなたの思うまま!

音楽は選択肢がいっぱい。エレクトロのファンには、7月上旬(日程は要確認)、parc Floral de Paris(フラワー・ガーデン)で開かれるThe Peacock Society Festival (ピーコック・ソサエティ・フェスティバル)Les Siestes électroniques (エレクトロニック・シエスタ)(7/8〜 9)がおすすめです。クラシック音楽が好きなら、Classique au Vert (クラシック野外フェスティバル)を聴きに8月のフラワー・ガーデンへどうぞ。とにかくロックという方は、サン=クルー国立公園のRock en Seine (ロック・アン・セーヌ)(8/25〜 27)へ。新しい音楽イベントもあります。アメリカの伝説のフェスティバルLollapalooza (ロラパルーザ)がフランス初上陸! 7月22〜23日、会場はロンシャン競馬場です。


Volley-ball match, Paris plages © OTCP - Amélie Dupont

夏のパリには、ビーチが出現します。このParis Plages (パリ・プラージュ)は、セーヌ河岸のジョルジュ・ポンピドゥー道路を大量の砂でおおい、人々がくつろげる砂浜にしてしまおうという企画。おとな向けからこども向けまで、さまざまなイベントも用意されます。パリ・プラージュの時期に合わせて市庁舎前の広場では、30組ほどのミュージシャンによる無料野外コンサートFnac Live (Fnacライヴ)フェスティバルも開催されます(7月末)。

夏の陽気に誘われて、映画も暗い屋内から星空の下に飛び出します。デッキチェアでくつろぎながら大スクリーンで映画鑑賞をしたい方は、7月12日から8月20日までラ・ヴィレット公園でおこなわれるCinéma en plein air (野外映画祭)へどうぞ。今年のテーマは“料理”です。フォーラム・デ・イマージュ主催のCinéma au clair de lune (月明かりの映画祭)も夏ならではの映画イベント。今年17回目を迎えるこの催しでは、市内のあちこちで無料の野外上映がおこなわれます(7/28〜8/13)。これ以外にも、ショートフィルムのFestival Silhouette (フェスティバル・シルエット)や11区のLa Chaise et l’écran (椅子とスクリーン)など、おすすめの映画イベントがたくさんあります。

夏は演劇だって外へ出ます! 7月中旬は、演劇、音楽、ダンス、サーカスなど、マルチなアートフェスティバルParis Quartier d’Été (パリ・カルティエ・デテ)でさまざまなショーを堪能してください。8月末には、モンマルトル地区の劇場を巡回しておこなわれるフェスティバル、Tréteaux nomades (放浪する芝居小屋)がスタートします。

ほかにも、ウルク運河沿いのl’Été du canal (運河の夏)や、ラ・デファンスのl’Été Defacto (レテ・デファクト)など、夏はフェスティバルが目白押しです。

その他に…

展覧会

7月の展覧会では、Christian Dior (クリスチャン・ディオール)へのオマージュ展が注目です。1947年からパリを熱狂させてきたこのデザイナーはまさに一時代を築き、また、高級ファッションの世界でまぶしく、アイコニックで、色褪せない“フレンチ・タッチ”を生みだしました。気が多く多才で、シュールレアリストの友であり、インスピレーション豊かな画廊オーナー、才能あふれるイラストレーターにして素描家という、ひとりの優れた芸術家の世界と伝説にぜひふれてみてください。装飾芸術美術館で2017年7月6日から2018年1月7日まで開催。

季節のイベント

家族で楽しむ夏の一大イベントNuit des étoiles(星の夜)は、今年で17回目を迎えます。通常は8月初旬、星空観察や天文学入門、さまざまなガイダンスやワークショップなど、無料のイベントが3夜にわたっておこなわれます。モンパルナス・タワー、シテ科学産業博物館、ル・ブルジェ航空宇宙博物館など、パリおよび近郊の多くの施設がこの企画に参加します。さあ、望遠鏡の前へどうぞ!

また、クラシックカー好きの方にとって、パリにクラシックカーが大集結する7月30日のTraversée de Paris estivale (夏のパリ横断)は、絶対に見逃せないイベントです。

スポーツ

Tour de France © OTCP - DP

3週間にわたって3,516kmを自転車で走破した選手たちが、7月23日、Tour de France (ツール・ド・フランス)のゴールをパリで迎えます。21番目にして最終ステージとなる最後のスプリントの舞台は、シャン=ゼリゼ。大人気のスポーツイベントですから、お見逃しなく。

素手でたたかう格闘技が好き? でしたら、8月21日〜26日にアコーホテルズ・アリーナ(ベルシー・アリーナ)へどうぞ。Championnat du monde de Lutte (レスリング世界選手権)にトップ選手たちが集合します。

展示会

日出ずる国へお出かけの方はお急ぎください。7月6日〜9日、日本のカルチャーとエンターテインメントをテーマにしたフランス最大のイベント、第18回Japan Expo (ジャパン・エキスポ)がパリ・ノール・ヴィルパント展示会場で開催されます。

コンサート

夏は、音楽好きにとって夢のような季節。街に音を鳴り響かせる数々のフェスティバルに加え、一流のミュージシャンたちがパリでコンサートを開くのです。7月1日は、Robbie Williams (ロビー・ウィリアムズ)がアコーホテルズ・アリーナにやってきます。同じ夜、スタッド・ド・フランスを興奮で包むのは、あのDepeche Mode (デペッシュ・モード)。アメリカの有名シンガーNorah Jones (ノラ・ジョーンズ)が7月11日に歌うのはパレ・デ・スポールColdplay (コールドプレイ)のコンサートは7月15, 16, 18日、スタッド・ド・フランスです。ほとんどのコンサートはチケットが完売しています。
ご予約はお早めに!

Book your activity
Book your accommodation