5月と6月:どんな好みにもこたえてくれる街、パリ

グルメなら誰でも、美味しさ100%のイベントを目指してパリに向かうはず。

かじりつきたくなる街、パリ! 5月、6月は、グルメなら誰でも、美味しさ100%のイベントを目指してパリへ向かうはず。

しかも、街にはすでに夏の兆しが感じられます。太陽が戻り、気温もあがってきたパリでは、屋外のイベントがぐっと増えるのです。Roland-Garros (ローラン・ギャロス)にNuit européenne des musées (ヨーロッパ、美術館の夜)、Fête de la musique (音楽の日)…。どんな趣味の人も満足するはずです!

グルメ

Taste of Paris - les chefs

このシーズン、注目は“食”! 5月、280店以上のレストランでわずか2ユーロのおつまみが食べられる、Les Heures Heureuses (幸せな時間)を利用して食べ歩きはいかがでしょう。舌を楽しませながら街を知ることもできて一石二鳥です!

グルメな人たちにとって見逃せないイベントが、美食の見本市Taste of Paris (テイスト・オブ・パリ)。5月18日〜21日、グラン・パレのネフ(中央スペース)で開催されます。シェフたちに会えたり、料理を味わえたり、料理関連のイベントなど、盛りだくさんの内容です。

展覧会

Derain, Balthus, Giacometti - Balthus, Les Beaux Jours© Hirshhorn Museum and Sculpture Garden, Smithsonian Institution, Washington, DC, Gift of the Joseph H. Hirshhorn Foundation, 1966. Photography by Lee Stalsworth

5月と6月は展覧会も充実しています。
5月末、ケ・ブランリー美術館が取り上げるのはニュージーランド。La Pierre sacrée des Maoris (マオリの聖なる石)は、ヒスイの一種についての展示です。強い魔力をもつといわれるこの石は、マオリの人々の文化と密接に結びついているのです。

6月に入るとすぐ、パリ市立近代美術館ではDerain, Balthus, Giacometti (ドラン、バルテュス、ジャコメッティ)展がはじまります(6/2から)。約200点の絵画を集めたこの展覧会では、20世紀芸術の大家3人が、どのような友情や芸術上のつながりを結んでいたのか探っていきます。

6月中旬からは、オルセー美術館ではじまるPortraits de Cézanne (セザンヌの肖像画)を見に行きましょう。風景画が世界的に有名なポール・セザンヌですが、肖像画にも挑戦していました。今回の展覧会(6/13から)では、このあまり知られていない側面に注目します。

6月末、ポンピドゥー・センターが取り上げるのは、幅広く活躍する独創的なイギリス人アーティスト、David Hockney (デイヴィッド・ホックニー)。この展覧会では、絵画からモンタージュ写真、ビデオ、iPadドローイングまで、160の作品を見ることができます。

写真やデザインも忘れられてはいません。6月、ジュ・ド・ポーム美術館で2つの展覧会がおこなわれます。ひとつは1950年代のオランダ人ドキュメンタリー写真家を取り上げたEd Van der Elsken (エド・ファン・デル・エルスケン)展、もう1つはチュニジア出身のコンテンポラリー・アーティストIsmaïl Bahri (イスマイル・バーリ)の作品展です。

スポーツ

Hockey sur glace match international © Fotolia

5月はスポーツもあります! 5日は、第81回Championnat du monde de Hockey sur glace (アイスホッケー世界選手権)が開幕。全64試合のうち何試合かはアコーホテルズ・アリーナ(ベルシー・アリーナ)が会場になる予定です。2016年の優勝国カナダにつづこうと、16ヵ国の代表チームが対戦。

5月を締めくくるのは、27日、スタッド・ド・フランスでおこなわれるFinale de la Coupe de France 2017 (サッカー フランス杯2017決勝戦)です。

つづいて5月22日から6月11日まで、ポルト・ドートゥイユのスタジアムで開催されるのが、世界のトッププレイヤーが集まるRoland-Garros (ローラン・ギャロス全仏オープンテニス)

5月20日〜21日、オートゥイユ競馬場では、固定障害を23回飛越する有名なGrand Steeple-Chase de Paris (パリ大障害)がおこなわれます。シャンティイ競馬場では、6月4日にPrix du Jockey Club (ジョッキークラブ賞)、そして6月18日にはエレガントなPrix de Diane Longines (ロンジン・ディアヌ賞)が開かれることもお忘れなく。

イベントとフェスティバル

Nuit européenne des musées - Chateau de Fontainebleau - Porté par le vent © DR

にぎやかなお祭りの季節は、5月20日Nuit européenne des musées (ヨーロッパ、美術館の夜)からはじまります。パリと近郊合計およそ100にものぼる美術館で特別に夜のイベントがおこなわれるこの機会に、いつもとは違うパリを発見してください。

もう1つの大イベントが6月21日、夏の訪れを盛大に祝うFête de la musique (音楽の日)。市内の主要スポットで大規模な無料コンサートが開かれるほか、誰もが自分の好きな楽器を自由に演奏していいことになっています。一年で一番昼が長いこの日、パリの街はさまざまな音であふれます。あなたの耳も音楽でいっぱいにしてください!

緑に囲まれてのんびりしたい方は、6月2日〜4日のRendez-vous aux jardins (庭園で会いましょう)に出かけて街の中の自然を楽しんでみましょう。


Weather festival © DR

5月と6月は、代表的なフェスティバルがつづきます。その多くが野外開催! 
5月23日〜28日にラ・ヴィレット公園で12周年を迎えるVillette Sonique (ヴィレット・ソニック)は、新しい才能を発掘するフェスティバルとして知られています。ヴァンセンヌの森では、のんびりした雰囲気のなかで環境問題とも向き合うWe Love Green (ウィー・ラヴ・グリーン)というフェスティバルがおこなわれます。
6月は、クラバーには見逃せないエレクトロの祭典、Weather Festival (ウェザー・フェスティバル)もあります。
ロックを聴きたい?昨年につづき2回目となるイギリス発のDownload Festival (ダウンロード・フェスティバル)が、6月9日〜11日、郊外のBrétigny-sur-Orge(ブレティニー=シュル=オルジュ)でおこなわれます。

夏を飾る大イベントSolidays (ソリデイズ)は、今年も6月末、ロンシャン競馬場で開催。ロックからポップス、エレクトロまで、バラエティに富んだプログラムが組まれています。

ジャズは、おすすめのイベントが2つ。5月11日〜22日、セーヌ左岸でおこなわれる第17回Festival Jazz à Saint-Germain-des-Prés (サン=ジェルマン=デ=プレ・ジャズ・フェスティバル)と、6月(日程未定)にParc floral(フラワー・ガーデン)で開催されるParis Jazz festival (パリ・ジャズ・フェスティバル)です。

5月中旬、サン=マルタン運河一帯はPrintemps des rues (ストリートの春)でにぎわいます。演劇、音楽、マリオネット、サーカス、ダンスなど、さまざまな無料イベントが用意されています。

6月、パリとその周辺ではほかにも多くのフェスティバルがおこなわれます。Onze Bouge (オンズ・ブージュ)(11区)、LaPlage de Glazart (ラプラージュ・ド・グラザール)(19区)、ベルシー・ヴィラージュ(12区)のMini Opéra Côté Cour (ミニオペラ・コテ・クール)Et 20 l'été (エ・ヴァン・レテ)(20区)、La Défense Jazz festival (ラ・デファンス・ジャズ・フェスティバル)(パリ郊外)などです。

6月初旬は、ヴァンセンヌの森のフラワー・ガーデンPestacles (ペスタクル)もはじまります。コンサートやショー、サーカスなど、こども向けのイベントがたくさんあります。
家族そろってのお出かけには、6月下旬のFête foraine des Tuileries (チュイルリー公園の移動遊園地)もお忘れなく。パリの真ん中に約60ものアトラクションが集まります。

フェアと見本市

デザインが大好き!という方は5月2日〜14日のD’Daysへどうぞ。パリ市内各所で展覧会やワークショップ、ミーティングなど、デザインにまつわるさまざまなイベントが12日間おこなわれます。

春のハイライトを飾るのは、Monumenta(モニュメンタ)と交互に隔年開催される、アートとクリエーションの国際ビエンナーレRévélations (レヴェラシオン)グラン・パレで5月3日〜8日まで開催。このイベントでは、400人を超えるクリエイターが作品を公開します。


Salon international de l-aeronautique et de l-espace vue du ciel © DR

郊外のパリ=ル・ブールジェ展示場では、Salon international de l’aéronautique et de l’espace (パリ国際航空宇宙ショー)(SIAE)が開催されます。航空宇宙産業最古のこの国際見本市は、業界関係者に先行公開されたあとの6月23日〜25日、一般にも公開されます。いろいろな型の航空機を見たり、最新のテクノロジーにふれたり、航空ショーも観覧できるイベントです。

その他に…

オペラ

Affiche Tous à l'opéra © DR

5月はオペラも注目です。5月6日、7日に開催される第11回Tous à l’opéra (トゥス・ア・ロペラ みんなオペラへ)では、みなさんをオペラの世界にご招待。この週末、企画に賛同する多くの施設で無料公演がおこなわれます。
6月から9月は、伝統的なオペラの演目から1作品を選び、フランス全国の由緒ある場所で上演するOpéra en plein air (野外オペラ)というプロジェクトもおこなわれます。オペラ座ガルニエ宮では、6月10日からロッシーニのLa Cenerentola (ラ・チェネレントラ)を上演します。

映画

6月25日〜28日の主役は映画。1回わずか4ユーロで映画が観られるFête du cinéma (映画祭り)にぜひどうぞ。

ショッピング

お得なショッピングを楽しみたい? 6月28日、soldes d’été (夏のバーゲン)がスタートします。最大70%の値引きが6週間つづきます。在庫売り尽くし!

Book your activity
Book your accommodation