パリのクリスマスと新年

イルミネーション、クリスマスマーケット、ショーウィンドーの飾りつけ…見逃せないイベントをリストアップしました!

クリスマスから年末年始のホリデーシーズンが近づくと、パリは装いを一新します。美しい建物がイルミネーションに輝き、通りにはクリスマスの飾りがほどこされ、デパートのショーウィンドーも一層華やかさを増すのです。マルシェやキリスト降誕の場面を再現した飾り、さまざまな行事にあふれかえる街で、家族みんながそれぞれに楽しみを見つけられることでしょう。

パリのクリスマス・イルミネーション

Illuminations Champs Elysées 2017 2 © Loic Lagarde

パリのクリスマス・イルミネーションは毎年、観光客だけでなく住人たちも待ち焦がれる恒例行事。街並みを彩る幻想的なまでに美しい輝きを堪能しに、世界中から人が集まります。“光の都”の名がこれほどふさわしく感じられる時はありません! 11月から1月初旬までつづくクリスマス・イルミネーションは、シャンゼリゼ通りからモンテーニュ通り、ヴァンドーム広場、モンマルトル地区、ベルシー・ヴィラージュ、その他たくさんの場所のいつにも増して魅力的な顔を見せてくれます!

デパートのクリスマス・ショーウィンドー

Vitrines enfants Noël  2017 1  © Loic Lagarde

街の通りがクリスマス・デコレーションやイルミネーションに彩られる頃、デパートのウィンドーも美しいツリーやプレゼントの箱で華やぎます。パリのデパート(プランタン・オスマン、ギャラリー・ラファイエット、BHV、ボン・マルシェ)の建物は伝統にならい、11月に入るとすぐ飾りつけが始まります。そしてショーウィンドーのなかも、自動人形たちや夢のようなデコレーションが交錯する、まるで小劇場のような世界に様変わり。こどももおとなも夢中にさせてしまう、正真正銘のショーが繰り広げられます!
デパートのクリスマス・ショーウィンドー一覧(英語)

パリのクリスマスマーケット

Notre Dame Marché de Noël 2017 1 © Loic Lagarde

年末のショッピングといえば、伝統と人気を誇るクリスマスマーケット(マルシェ・ド・ノエル)でしょう。オープンは11月。オーナメントやパーティーグッズ、地方の特産品、工芸品がクリスマスらしいあたたかく華やいだ雰囲気のなか、木造の小さなスタンドに並びます。クリスマスツリーの飾り、一味違うプレゼント、大晦日やクリスマスパーティーの食卓に並べたい美味しい一品を探すのにもってこいです。
パリのクリスマスマーケット一覧(英語)

パリの“クレッシュ・ド・ノエル”

パリの教会には、クリスマスを祝うクレッシュ(キリストの降誕場面)が設置されます。本物の人間が演じたり、手作りだったり、テラコッタのサントン人形が飾られたりと、タイプはさまざま。ノートル=ダム大聖堂やマドレーヌ寺院、サクレ=クール寺院には毎年、新たなクレッシュが登場します。伝統的なものから変わったもの、現代的なものまで、いずれも芸術作品の域に達したクレッシュは、多くの人を引きつけています。
パリのクレッシュ・ド・ノエル一覧(英語)

パリのクリスマスミサ

Christmas lights, Eglise de la Madeleine, Paris © OTCP - Fabian Charaffi

純粋に伝統的なやり方でクリスマスを祝いたいなら、教会を訪ねるのが一番。毎年、世界各地から信仰篤い人々が集まってくるのは、モンマルトルのサクレ=クール寺院、ノートル=ダム大聖堂、マドレーヌ寺院という、歴史に彩られた3つの教会です。ミサは12月24日と25日の両日おこなわれ、記念の特別コンサートや合唱を聴くことができます。
パリの教会でおこなわれるミサおよび深夜ミサの時間はwww.catholique-paris.comでご覧いただけます。

《パリのクリスマスと新年》完全版(英語)