11月と12月:パリはクリスマスを祝う!

年末の祭典に向けパリは光輝きます。おとぎの国のようなスペクタクルをお見逃しなく!

冬の気配が感じられる11月は、見本市や美術館・博物館、展覧会やイベントなどをゆっくり楽しむチャンスです。とはいえ、年末と言えばやはりクリスマス。イルミネーション、クリスマスマーケット…クリスマスのにぎわいは街の表情を一変させます。夢のように美しいパリをお見逃しなく!

パリのクリスマス

Sapin Galeries Lafayette Haussmann © DR

年末を彩るように、パリの街は美しい光の衣をまといます。12月まで待たなくても、夢のようなこの街を楽しむことができます。11月半ばにはクリスマス・モードに入りますから!

そして、11月末には恒例のシャンゼリゼのイルミネーションが始まり、“世界でもっとも美しい通り”は無数の光で輝き始めます。

この季節のショッピングと言えば、市内あちこちで開かれるクリスマスマーケット。サン=ジェルマン=デ=プレ、モンパルナス、ラ・デファンス…パリ市内だけでなく郊外もクリスマスの魔法にかかるのです! 

パリのこどもたちが必ず見に行くもの、それは、こどももおとなも見とれてしまうデパートの夢のように美しいクリスマス・ショーウィンドウです。ギャラリー・ラファイエットやプランタン・オスマン、リヴォリ通りのBHVマレ、7区のボン・マルシェにぜひどうぞ。

また年末のホリデーシーズン中は、市内のあちこちの広場に無料のメリーゴーランド*が設置され、こどもたちを楽しませてくれます。ぜひ出かけてみてください!

そして最後は、Saint-Sylvestre (大晦日)の12月31日土曜日。特別なイベント*が用意されているシャンゼリゼに集まりましょう (主催者側の都合により変更される場合があります)。

パリでクリスマスの魔法を見つけましょう

ショー

Lido de Paris - Paris Merveilles 5 © Pics/Gregory Mairet

パリは、エンターテインメントや心惑わせる魅力にあふれた街。華やかでエネルギッシュなナイトライフが、あちこちで繰り広げられます。年末が近づくと、ショーはさらに魅力的に…。なかでも、パリのキャバレーは世界中からやってくる人々の憧れのまと。Lido (リド)からMoulin Rouge (ムーラン・ルージュ)Crazy Horse (クレイジーホース)Paradis Latin (パラディ・ラタン)まで、このシーズン、パリのキャバレーはどこも魔法のような忘れられない一夜をお届けしようと一層きらびやかになります。

フェアと見本市

Paris Photo

11月も見本市はつづきます!

スタイルはさまざま、テーマもさまざま。写真が好きな方にとっては楽しみは2倍。11月初旬、ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場でおこなわれるSalon de la photo (サロン・ド・ラ・フォト)に加えて、世界最大級の写真フェアParis Photo (パリ・フォト)もあるのですから。こちらは今年で21回目。グラン・パレのガラス屋根の下で11月9日〜12日まで開催されます。

スポーツの分野では、馬術の愛好家が喜ぶSalon du cheval de Paris (パリ・馬の見本市)がパリ・ノール・ヴィルパント展示会場で、また、水上スポーツファンが詰めかけるNautic (ノーティック)が12月にポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場でおこなわれます。

11月は同じ会場で、ゲーマーが大集合するParis Games Week (パリ・ゲームウィーク)もあります。フランス最大のゲームイベントで、前回の来場者数は300,000人を超えたそうです! 

その他に…

展覧会

Musée d'Orsay - Salle Courber - Grands formats

この年末、足を運ぶべき展覧会がたくさんあります。ヴィクトル・ユゴーの家では11月から、芸術と狂気の関係を探るLa folie en tête. Aux racines de l’art brut を開催。建築・文化財博物館ではGlobes. Architecture & sciences explorent le monde が11月10日からはじまります。建築家たちが科学者のかたわらで、この世界の謎が解き明かされるのをどのように目撃し、あるいは解き明かしてきたのかを教えてくれる展覧会です。

コンサート

2017年の最後を飾るのは、フランス人アーティスト! 注目のIAM (11/24, 11/25)とBlack M(12/2)は、どちらもアコーホテルズ・アリーナでコンサートがおこなわれます。