2018年1月のパリ

ファッションの都パリには、有名ブランドが勢揃い。バーゲン(soldes)シーズンを利用して、上手にショッピングを楽しんでください。

Soldes vêtements © Pexels via Pixabay DR

1月、ファッション・ウィーク開催中のパリは有名デザイナーたちを迎え、さまざまな関連イベントが開かれます。ショッピングを目的に訪れる人も多いパリ。1月のバーゲン期間中はベストシーズンです。さあ、用意はいいですか? ショッピングに出発!

モード

1月のパリはFashion Week (ファッション・ウィーク)で華やぎます。次の年のメンズ・プレタポルテ(1月16日〜21日)やオートクチュール(1月22日〜25日)のトレンドを探りに、業界のビッグネームや、セレブ、ジャーナリストたちがパリへ押し寄せるのです。
ランウェイは業界関係者しか見られなくても、ショーはグラン・パレや、パレ・ド・トーキョーといったパリの有名スポットを中心に、街中でもおこなわれています。スターやモデル、有名デザイナーを見かけることも…。しっかり目を開けておきましょう!

ショッピング

Robe dans vitrine, reflets © Mike Wilson via Unsplash

ファッションと切り離せないのがブティック! ショッピングの殿堂パリは、こちらも充実しています。ワードローブを一新したい? 最新流行のアクセサリーや旬のitバッグが欲しい? ファッショニスタにとって絶対外せない時期があるとしたら、それが1月。待ちに待ったsoldes d’hiver(冬のバーゲン)10日水曜日にスタートするのです。最大70%の値下げが6週間つづきます!
詳しくはパリのバーゲンをご覧ください

モードのいろいろな面を見てみたい

Musée Yves Saint Laurent - Studio at 5 avenue Marceau | 630x405 | © Luc Castel

モードとパリを愛する人にとって、オープン間もないイヴ・サンローラン美術館ははずせない場所! クチュールハウスのかつてのサロンや、サンローラン自身の作業場だったアトリエを改装してつくられたので、20世紀屈指のデザイナーのプライベート空間に足を踏み入れることができます。オープン記念期間中(2018年9月9日まで)は、かの有名なモンドリアン・ルックをはじめとするサンローランのオートクチュール約50点やさまざまなスケッチ、フィルムなどを展示。

グラン・パレでは、20世紀を代表するファッションフォトグラファー、アーヴィング・ペンの作品を堪能できる展覧会が終了まで残すところ数週間(1月29日まで)となっています。

装飾芸術美術館では、ディオールの代表作が集められたChristian Dior, couturier du rêve(クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ)がまもなく終了予定。お見逃しなく。

その他に…

まもなく終了予定の展覧会

Girl in Window, Roy Lichtenstein, exposition Pop Art Icons that Matter musée Maillol, Paris © Estate of Roy Lichtenstein New York / Adagp, Paris

2017年の目玉企画だった展覧会にも、まだ見られるものはあります。
マルモッタン・モネ美術館Monet, collectionneur(コレクター、モネ)(1月14日まで)

リュクサンブール美術館Rubens, Portraits princiers(ルーベンス、君主たちの肖像画)(1月14日まで)

アラブ世界研究所Chrétiens d’Orient. Deux mille ans d’histoire(東洋のキリスト教徒たち:2000年の歴史)(1月14日まで)

シテ科学・産業博物館Valérian et Laureline(ヴァレリアンとロールリンヌ)(1月14日まで)

マイヨール美術館Pop Art, Icons that matter(ポップアート アイコン)(1月21日まで)

ケ・ブランリ美術館Les Forêts Natales(生まれ故郷の森)(1月21日まで)

ジャクマール・アンドレ美術館Le Jardin secret des Hansen. La collection Ordrupgaard(ハンセン家の秘密の庭:オードロップゴー・コレクション)(1月22日まで)

グラン・パレ美術館Gauguin l’alchimiste(錬金術師ゴーギャン)(1月22日まで)

ポンピドゥー・センターAndré Derain, 1904-1914, la décennie radicale(アンドレ・ドラン1904-1914年:ラディカルな10年)(1月29日まで)

コンサートとショー

Dirty Dancing 2018 © DR

ミュージカルが好きな方には、モガドール劇場Grease(グリース)(7月8日まで)、グラン・パレSingin’ in the Rain(雨に唄えば)(1月11日まで)、グラン・レックスBharati 2 : dans le palais des illusions(バラーティ2:幻の宮殿で)(1月19日〜21日まで)、パレ・デ・コングレ・ド・パリDirty Dancing(ダーティ・ダンシング)(1月11日〜14日まで)がおすすめです。

スポーツ

パリ・ヴァンセンヌ競馬場では、1月28日の繋駕速歩競走Grand Prix d’Amérique(アメリカ大賞)が年の最初の月を華やかにしめくくります。