2019年2月のパリ

世界一ロマンティックな街で聖バレンタインを祝いましょう!

Saint-Valentin pigeons romance tour Eiffel © Fabrizio Verrecchi via Unsplash

冬まっただ中、パリの気温も一番低くなるこの季節ですが、恋人たちの心は2月14日の聖バレンタインにあつく燃えています。展覧会、コンサート、ショー…カップルにぴったりなイベントが2月のパリには勢ぞろい。どれでも、お好きなものを選んでください!

詳しくは« Paris romantique »をご覧ください

音楽

Orchestre classique avec violonistes © Larisa Birta via Unsplash

2月1日、クラシック音楽プログラムの幕開けは、フィルハーモニー・ド・パリで演奏されるロシアの大作曲家チャイコフスキーの2作品。フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団によるピアノ協奏曲第1番と交響曲第6番は、寒い冬でも心を熱くしてくれことでしょう。

ロマンティックな夜がお好みなら、一生に一度はやっておきたいのがオペラ座ガルニエ宮デート。ナポレオン様式の素晴らしい装飾にクリスタルのシャンデリア、壮麗な階段…その雰囲気に圧倒されます。

展覧会

Le Talisman/L ’Aven au Bois d’Amour, musée d’Orsay

2月は、インドアであたたかくすごせる展覧会巡りがおすすめ。ぜひ行っておきたいイベントも目白押しです。

オルセー美術館では、神秘的な雰囲気のLe « Talisman » de Sérusier, une prophétie de la couleur(セリュジエの『タリスマン(護符)』、色彩の預言)展を開催(1月29日〜6月2日)。聖遺物とまで崇められ『タリスマン』と名付けられた、ポール・セリュジエの小さな絵画にスポットをあてます。一見抽象的なこの風景画は、印象派の後裔にあたるナビ派の礎とされた作品。絶対に見ておくべき展覧会です!

ポンピドゥー・センターは、フランスでは半世紀ぶりとなる“オプ・アート”の先駆者Victor Vasarely(ヴィクトル・ヴァザルリ)回顧展をおこないます(2月6日〜5月6日)。1930年代から1970年代にかけて制作された幾何学的で色彩豊か、ときに動きをともなう彼の作品は、現在でも驚くほど斬新です。

抽象芸術の世界にもっと浸りたいという方はピカソ美術館へどうぞ。2月19日から8月25日まで、絵画と彫刻の二大モダニティ芸術家をテーマにCalder et Picasso(カルダーとピカソ)展を開催します。ふたりの作品が、まるで何もない空間を恐れるかのように響き合う展覧会です。これ以上の説明は必要ないでしょう!

まもなく終了

Joan Miro DR

2018年の目玉となっていた展覧会が2月もまだいくつか見られます。
Peintures des lointains(遠方の絵画)展、ケ・ブランリ=ジャック・シラク美術館(2月3日まで)
Miró. Rétrospective(ミロ回顧展)、グラン・パレ国立ギャラリー(2月4日まで)
Michael Jackson. On the Wall( マイケル・ジャクソン オン・ザ・ウォール)展、グラン・パレ国立ギャラリー(2月14日まで)
Géométries Sud, du Mexique à la Terre de Feu(南の幾何学、メキシコからティエラ・デル・フエゴまで)、カルティエ財団現代美術館(2月24日まで)
Le Cubisme(キュビスム)展、ポンピドゥー・センター(2月25日まで)

その他に…

見本市、イベント、フェスティバル

2月5日は、己亥(つちのとい)年のはじまりを祝う旧正月。盛大な龍舞をはじめ、ショーやイベントが盛りだくさん。

雰囲気はだいぶ違いますが、フランス最大の農業の集いにもふれておきましょう。田舎の空気を吸った気分になりたかったら、2月23日から3月3日まで開かれるSalon international de l’agriculture (国際農業見本市)へ出かけてみてください。

ショー

Fashion Freak Show

パリは歌が大好き! フォリー・ベルジェールではジャン=ポール・ゴルチエのFashion Freak Show(ファッション・フリーク・ショー)が続演中。
オペラ・バスティーユではLac des cygnes(白鳥の湖)を上演(2月16日〜3月19日)、シャンゼリゼ劇場(テアトル・デ・シャンゼリゼ)では、振付家バンジャマン・ミルピエ率いるLos Angeles Dance Project(ロサンゼルス・ダンス・プロジェクト)が公演をおこないます(1月29日〜2月1日)。
1月22日から2月12日までオペラ・バスティーユで上演されるエクトル・ベルリオーズの歌劇Les Troyens(トロイアの人々)は、オペラ愛好家の方にぜひとも足を運んでいただきたいプログラムです。

スポーツ

Joueur de rugby © fotolia

ラグビーが好き? 2月は伝説の対抗戦Tournoi des Six Nations 2019 (シックス・ネイションズ2019)がスタートします。観戦ご希望の方はスタッド・ド・フランスへ。2月1日にフランス対ウェールズ、23日にフランス対スコットランドの試合がおこなわれます。

柔道ファンには、2月9から10日まで、アコーホテルズ・アリーナ(ベルシー・アリーナ)でトップ選手たちが対戦するJudo Paris Grand Slam (柔道グランドスラム・パリ)があります。

2月は氷上レースの季節でもあります。毎年、スタッド・ド・フランスの特設氷上コースで名ドライバーたちが腕を競うTrophée Andros(アンドロス・トロフィー)は大観衆が熱狂するイベントです(2月9日)!