2020年2月のパリ

2月のパリは、カップルのデートにピッタリな展覧会、スペクタクル、展示会などが目白押しです。

冬まっただ中、パリの気温も一気に冷え込むこの季節ですが、恋人たちのハートは2月14日の聖バレンタインに熱く燃えています。

展覧会、コンサート、スペクタクル、展示会... カップル向けのイベントが2月のパリには勢ぞろい。どれでもお好きなものをお選びください!

詳しくは”Paris romantique”をご覧ください

クラッシック音楽

Orchestre classique avec violonistes © Larisa Birta via Unsplash

クラッシック音楽のやさしい調べに、身をゆだねてみませんか。

2月4日、マルタ・アルゲリッチとミッシャ・マイスキーのデュオが、フィルハーモニー・ド・パリのコンサートホールで公演。ブラームス、シューマン、チャイコフスキーの楽曲を披露します。

フィルハーモニー・ド・パリでは、多彩なプログラムをご用意しています。2日10日には、著名なピアニスト、ネルソン・フレイレが、ベートーヴェン、ショパン、ドビュシーのリサイタルを開催。2月24日は、ピアニストラン・ランがパリに来仏し、クリストフ・エシェンバッハの指揮するパリ管弦楽団とともに美しい演奏をお届けします。

2月6日には、シャンゼリゼ劇場にて、伝説のテノール歌手エンリコ・カルーソに捧げる、ロベルト・アラーニャのコンサートが開催されます。

展覧会

Soulier Maquereau - Christian Louboutin, Exhibition[niste] Palais de la Porte Dorée

2月のパリは、愛をテーマとした展覧会が目白押し。必見のラインナップです。

2020年8月30日まで:パレ・ドゥ・ラ・デクヴェルト(科学技術博物館)、De l’Amour(ドゥ・ラムール展)
2月14日から7月12日まで:ヴィ・ロマンティック美術館Cœurs(ハート展). Du romantisme dans l’art contemporain(現代アートにおけるロマンティズム展)

ケ・ブランリ=ジャック・シラク美術館Frapper le fer(鉄を打つ)では、アフリカの鍛冶職人の作品を展示(3月29日まで)。他に類をみない230点の作品を通じ、アフリカの伝統的な鍛冶技術のノウハウを垣間見ることができます。
カルティエ現代美術財団は、ブラジルの著名なカメラマンのひとりにオマージュを贈ります。2020年1月30日から5月10日まで、アマゾンの先住民族「ヤノマミ族」の保護と権利のために戦う女性カメラマン、クラウディア・アンデュジャールの展覧会が開催されます。

パレ・ドゥ・ラ・ポルト・ドレ博物館では、フランスを象徴するシューズデザイナー、クリスティアン・ルブタンの作品を紹介。彼の作品が受けたさまざまな影響や、独自の芸術的世界に触れることのできる、またとないチャンスです(2月26日から7月26日まで)。
ポンピドゥーセンターでは、人工知能とニューロサイエンスに焦点を当てたNeurones(ニューロン展)が行われる予定です。Les intelligences simulées(AIシュミレーション)は、2月26日から開催されます。

マルモッタン・モネ美術館ではCézanne et les maîtres ‐ Rêve d’Italie(セザンヌとその巨匠、イタリアの夢)をテーマに展示を行います。2月27日から7月5日まで開催予定です。セザンヌの作品には、16世紀から19世紀のイタリアの巨匠(ティントレット、エル・グレコ、ジョルダーノ、シローニ...)の影響が色濃く残りますが、その考察のために60点以上の作品が展示されます。ここでは、セザンヌの最高傑作の一つと謳われる「サント=ヴィクトワール山」の絵画群も鑑賞することができます。

2月28日から、アトリエ・デ・リュミエールでは、cap vers le sud et le midi de la France(南仏プロヴァンスの岬)をテーマとした体験型展示会が行われます。モネ、ルノワール、シャガールなど、多くの巨匠たちが旅し、魅せられた地中海。印象派、点画派、フォーヴィズム、そして現代アートにおける地中海の影響を検証し、その魅力に迫ります。大人から子供までが楽しめる体験型展示会です!

間もなく終了

Luca Giordano Le triomphe du baroque napolitain

2月は、2019年の目玉となっていた展覧会も、まだいくつか見ることができます。

Kiki Smith(キキ・スミス)展、パリ造幣局(2月9日まで)
Le Greco(ル・グレコ)展、グラン・パレ(2月10日まで)
L'âge d'or de la peinture anglaise‐De Reynolds à Turner(レノルズからチューナーまで、英国絵画の黄金時代)、ルクセンブルク美術館(2月16日まで)
Contrepoint contemporain / Tosani(コントルポワン・コンテンポラン/トサニ - パトリック・トサニと現代美術の対位法)Reflets et transpercements(反射光と貫通)、オランジュリー美術館(4月13日まで)
ルカ・ジョルダーノ(1634‐1705)Le triomphe du baroque napolitain(ナポリ・バロックの繁栄)、プティ・パレ(2月23日まで)
Pierre et Gilles, la fabrique des idoles(ピエールとジル、偶像の製造)、フィルハーモニー・ド・パリ(2月23日まで)
Le monde nouveau de Charlotte Perriand (シャルロット・ペリアンの新世界展)、ルイ・ヴィトン財団(2月24日まで)
Léonard de Vinci(レオナルド・ダヴィンチ展)、ルーブル美術館(2月24日まで)

その他イベント

見本市、イベント、フェスティバル

メゾン・ドゥ・ラ・ラジオ(ラジオ会館)では、今をときめくミュージックシーンの音楽フェスティバルPrésences(プレザンズ)を、2月7日から16日まで開催。ラジオ・フランス主催の第30回festival de création musicale de Radio France(ミュージック・クリエーション・フェスティバル)となります。

2月はカーニバルの月です!2月23日、ガンベッタ広場では、Carnaval de Paris(カーニバル・ド・パリ)を開催します。色とりどりの大型フロートが、仮装した参加者とともに、パリの大通りをパレードします。カラフルに彩られた本イベントで、寒い冬も何のその!

趣旨の異なるイベントとして、フランス全土の農家を一堂に会したイベントも待たれています。パリにいながら、田舎の空気を大きく深呼吸できるSalon international de l’agriculture(国際農業見本市)を、ぜひお見逃しなく。ポルト・ド・ヴェルサイユにて2月22日から3月1日まで開催しています。

ポルト・ド・ヴェルサイユでは、コレクションカー愛好家にうってつけの大イベント、Salon international des voitures de collection ”Rétromobile”(国際コレクションカー見本市 ”レトロモビル”)も開催予定です(2月5日から9日まで)。

スペクタクル

Dani Lary - Tic Tac

コンテンポラリーダンスで、リズミカルな2月のパリを楽しみませんか。オペラ・バスティーユの舞台には、バレエ史にその名を遺すジョルジュ・バランシンへのオマージュ公演が予定されています(2月3日から4月1日まで)。また、パレ・デ・コングレ・ド・パリ国際会議場では、フランスの誇る振付師モーリス・ベジャールへのオマージュBéjart fête Maurice(ベジャール・フェット・モーリス)のため、ローザンヌ・ベジャール・バレエ団が公演を予定していますので、どうぞお見逃しなく(2月26日から29日まで)。

ロシア・ナショナル・オペラ主催のクラッシックバレエ、Le Lac des Cygnes(白鳥の湖)公演のため、サンクトペテルブルク・アカデミー・バレーが来仏します。セーヌ・ミュージカルホールで2月1日・2日、パレ・デ・コングレ・ド・パリ国際会議場で2月21日・23日に公演予定です。マジックとイリュージョンが大好きなあなたには、ダニー・ラリーによる新マジックショー、Tic‐Tac(チック・タック)はいかがですか?2月21日・22日、ぜひカジノ・ド・パリに足を運んでみてください。

フィギュアスケートファンのあなたに2月27日から3月1日まで、パレ・デ・スポールで、ホリデー・オン・アイスが新ショーSupernova(スーパーノヴァ)をお披露目します。

コンサート

Liam Gallagher - Zénith de Paris

コアな音楽ファンには絶好の2月、ビックコンサートが目白押しです。

グラン・レックス:マドンナ(2月18日から3月8日まで)
アコーホテル・アレナ:アンジェル(2月18日から21日まで)、ラナ・デル・レイ(2月23日)
パリ・ラ・デフェンス・アレナ:DJ Snake(2月22日)
ゼニット:リアム・ギャラガー(2月21日)、ジェームス・ブラント(2月27日)
どんなギャラリーも喜ぶラインナップが勢ぞろいです!

スポーツ

Joueur de rugby © fotolia

ラグビーファンに朗報です!2月から、Tournoi des VI Nations(シックス・ネイションズ)国際ラグビー大会が開幕します。スタッド・ドゥ・フランスでは、2月2日にフランス対イングランド、2月9日にフランス対イタリア戦が開催予定です。

アコーホテル・アレナでは、2月2日に陸上フェア Meeting de Paris indoor(ミーティング・ドゥ・パリ・インドア)を開催。フランス国内外のアスリートを一同に会し、素晴らしいショーが披露されます。

畳の上の戦いもお見逃しなく!2月8日、アコーホテル・アレナでは、Paris Judo Grand Slam 2020(パリ柔道グランスラム2020)の機会に、アマチュアの柔道家たちが熱い戦いを繰り広げます。

2月8日は、ヒップホップダンス、ブレイクダンスのchampionnat de France Paris Battle Pro(フランス・チャンピオン・パリ・バトル・プロ)がシャトレ劇場を沸かせます。ストリートダンスやユーバンカルチャーの愛好家たちにとって、世界中のビックダンサーの技を楽しむ、またとない機会となることでしょう!

アイスホッケーがお好きな方も、2月のパリに注目!アコーホテル・アレナでは、2月16日に、アイスホッケーフランスカップ決勝戦が繰り広げられます。

子ども向けイベント

2月は、子どもたちの月でもあります!小さなパリっ子たちには、2月に2週間の春休みがあるからです。長い休み、何をしようかとお困りですか?そんな心配はご無用、パリでは子供向けのイベントが盛りだくさん!現代アートからクラッシックアートまで、美術館では多種多様な子供向けの展示会が用意されています。

ルーブル美術館のプティ・ギャラリーでは、6月29日までFigure d’artiste(アーティストの技法展)を開催、エルブ美術館では3月22日までストリートアーティストL’Atlas(ラトラス)の展覧会を開催します。

小さな子どもたちにクラッシック音楽を届ける。これはコロンヌ管弦楽団の”使命”です。コロンヌ管弦楽団は、月に数回、ヴァグラム・ホールで子ども向けのふれあいコンサートを開催しています。2月9日は、deuxième Symphonie de Sibelius(シベリウス・シンフォニー第二団)が、子ども向けコンサートを開催する番です。

モガドール劇場では、ジュール・ヴェルヌのLe Tour du Monde en 80 jour‐Le Musical(八十日間世界一周ミュージカル)のコメディミュージカル上演が予定されています。この機会にぜひお見逃しなく(2月19日から4月26日まで)。