入場者が多いパリのモニュメントTOP 10

エッフェル塔、凱旋門、ノートル=ダム…これなしのパリはありえません。

ノートル=ダム大聖堂 
CATHÉDRALE NOTRE-DAME DE PARIS

Cathédrale Notre-Dame de Paris, vue panoramique © Fotolia - rdnzl

ゴシック建築の傑作ノートル=ダム大聖堂は、フランスで訪れる人が一番多いモニュメント。バラ窓やステンドグラス、祭室、尖塔、ガーゴイルが見所です。また、宝物殿を見学したり、2つの塔にのぼってパリ市内の眺望を楽しんだりもできます。広場から入れる地下聖堂では、ガロ=ローマ時代から17世紀までに建てられた古い建造物の遺跡が見られます。この広場には、フランス全国の地点まで距離を測る際に起点となる0kmの道路元標がはめ込まれているので、忘れずに見ておきましょう。
6 parvis Notre-Dame. Place Jean-Paul II (4区). [交]メトロCité駅.
・大聖堂:[TEL] +33 (0) 1 42 34 56 10. 月曜〜金曜8:00〜18:45、土日8:00〜19:15。日曜はミサのため入場制限有り。[URL] www.notredamedeparis.fr
・塔:[TEL] +33 (0) 1 53 40 60 80. 1/1, 5/1, 12/25をのぞく毎日。4/1〜9/30は10:00〜18:30。7/1〜8/31の金土:10:00〜23:00。10/1〜3/31は10:00〜17:30。料金:10€。[URL] www.tours-notre-dame-de-paris.fr
・ノートル=ダム広場の古代地下聖堂:[TEL] +33 (0) 1 55 42 50 10. 月曜および一部祝日をのぞく毎日10:00〜18:00。料金:8€。[URL] www.crypte.paris.fr

サクレ=クール寺院 
BASILIQUE DU SACRÉ-CŒUR

Basilique du Sacré-Coeur de Montmartre © Thinkstock

1919年献堂のサクレ=クール・バジリカ聖堂は、パリを象徴するモニュメントのひとつ。モンマルトルの丘の頂上に建てられているので、市内を一望のもとに見渡せます。ローマ=ビザンチン様式のこの聖堂は真っ白な姿が特徴的。天井は、フランス最大の480㎡の面積を誇るモザイクに飾られています。地下聖堂も一見の価値あり。ドームにのぼれば、パリを見下ろす360°のパノラマが堪能できます。
Parvis du Sacré-Coeur (18区). [交]メトロAnvers駅. [TEL] +33 (0) 1 53 41 89 00. バジリカ聖堂:毎日6:00〜22:30。[URL] www.sacre-coeur-montmartre.com

エッフェル塔 TOUR EIFFEL

La Tour Eiffel, Paris © Thinkstock

地上324メートルの高さを誇るエッフェル塔は、首都パリだけでなくフランスという国のシンボルにもなっています。万国博覧会のために建てられたのは1889年ですが、その後も上手にリニューアルをつづけています。第1展望台の下を見ると目もくらむようなガラス張りの床がその証拠。人々が休んだり、ピクニックをしたり、日没後毎正時から5分間、20000個の電球に煌めく「鉄の貴婦人」を見上げたりしている、広大なシャン=ド=マルス公園が足元に見えます。
Champ-de-Mars (7区). [交]メトロBir-Hakeim駅. [TEL] +33 (0) 892 70 12 39 (0.35 €/分). 無休。7/7〜9/1:9:00〜0:45。9/2〜7/6:9:30〜23:45。エレベーター料金:16€。階段料金:10€。最上階までのエレベーター料金:25€。[URL] www.toureiffel.paris

奇跡のメダル教会 CHAPELLE NOTRE-DAME DE LA MÉDAILLE MIRACULEUSE

小さな中庭の奥、ボン・マルシェの裏手に、パリでも重要なカトリックの祈りと巡礼の場があります。1830年、若い修道女カトリーヌ・ラブレの前に現れた聖母マリアは、お守りのメダルを作るよう言われました。やがて奇蹟が相次いで起こります。それから200年近く経った今も人々の熱は冷めることなく…世界中から信者が訪れているのです。
140 rue du Bac (7区). [交]メトロSèvres – Babylone駅. [TEL] +33 (0) 1 49 54 78 88. 祝日(8:15〜12:30、14:30〜19:00)をのぞく毎日7:45〜13:00、14:30〜19:00。火曜は昼休み無し。
[URL] www.chapellenotredamedelamedaillemiraculeuse.com

凱旋門 ARC DE TRIOMPHE

L'Arc de Triomphe, Paris © Thinkstock

世界最大のこの門は1806年、ナポレオンのアウステルリッツでの勝利を祝うために建てられました。屋上の展望台からはパリを一望できます。エッフェル塔がキラキラ輝く時間をねらって行けば、忘れられないひとときになるでしょう。パリを象徴する大通り、シャンゼリゼの散策に向かう前に、毎夕、追悼の炎が点される凱旋門下の「無名戦士の墓」にも立ち寄ってください。
Place Charles de Gaulle (8区). [交]メトロCharles de Gaulle – Étoile駅. [TEL] +33 (0) 1 55 37 73 77. 4/1〜9/30の毎日10:00〜23:00。10/1〜3/31の毎日10:00〜22:30。5/8, 7/14, 11/11は儀式の後オープン。1/1, 5/1, 12/25休。料金:12€。[URL] www.paris-arc-de-triomphe.fr

モンパルナス・タワー 
TOUR MONTPARNASSE

La Tour Montparnasse 56, vue sur la tour Eiffel, Paris © OTCP - DR

首都パリの景色のなかでも異彩を放つ、1973年建設、高さ210メートルの高層ビル。地上から56階までは、ヨーロッパ最速のエレベーターでわずか38秒! 展望フロアに着いたら、少し階段をのぼって屋上展望台に出てみましょう。パリの街やモニュメントが360°の大パノラマで堪能できます。
パノラマ展望台:
Rue de l'Arrivée (15区). [交]メトロMontparnasse – Bienvenüe駅. [TEL] +33 (0) 1 45 38 52 56.
4/1〜9/30:毎日9:30〜23:30。10/1〜3/31:日曜〜木曜9:30〜22:30、金土および祝前日9:30〜23:00。
料金:18€。[URL] www.tourmontparnasse56.com

サント=シャペル/コンシエルジュリー SAINTE-CHAPELLE/CONCIERGERIE

Sainte-Chapelle

フランボワイヤン様式ゴシックの傑作サント=シャペルは、聖王ルイの命により建てられました。上の礼拝堂には、13世紀ステンドグラスの最高傑作があります。
コンシエルジュリーは最初の王の館としてつくられたものですが、1790年には革命裁判所となりました。中世(衛兵の間など)や大革命時代(牢獄など)の名残を見ることができます。
・サント=シャペル:8 bd du Palais (1区). [交]メトロCité駅. [TEL] +33 (0) 1 53 40 60 80. 1/1, 5/1, 12/25をのぞく毎日開館。4/1〜9/30:9:00〜19:00、10/1〜3/31:9:00〜17:00。料金:10€。コンシエルジュリーとの共通入場券:15€。[URL] www.sainte-chapelle.fr

・コンシエルジュリー:2 bd du Palais (1区). [交]メトロCité駅. [TEL] +33 (0) 1 53 40 60 80. 1/1, 5/1, 12/25をのぞく毎日9:30〜18:00。料金:9€。[URL] www.paris-conciergerie.fr

パンテオン PANTHÉON

Panthéon, Vue parties hautes, Paris © OTCP

歴史あるカルチエ・ラタンの丘、サント=ジュヌヴィエーヴ山に立つ姿とドームが目を引くパンテオン。もともとはパリの守護聖女に捧げられた教会でしたが、フランス革命以来、地下聖堂がヴィクトル・ユゴーやマリー・キュリー、アレクサンドル・デュマなど、フランス共和国に貢献した偉人たちの納骨所となっています。4月から10月は、ドームの列柱部分からパリの眺望を楽しめます。
Place du Panthéon (5区). RER B Luxembourg駅. [TEL] +33 (0) 1 44 32 18 00. 1/1, 5/1, 12/25をのぞく毎日。4/1〜9/30:10:00〜18:30。10/1〜3/31:10:00〜18:00。料金:9€。[URL] www.paris-pantheon.fr

パリ国立オペラ座ガルニエ宮 
PALAIS GARNIER - OPÉRA NATIONAL DE PARIS

Palais Garnier - Grand foyer © Patrick Tourneboeuf

パリでも一際特徴的な建物正面。第二帝政期建築のシンボルとなっているこの建物は、シャルル・ガルニエによって設計されました。昼間は見学者に開放されています。必ず見ておきたいのがロトンド・デ・ザボネと中央階段。とはいえ、ベストスポットはやはり観客席! シャガールによる天井画(1963)、8トンもあるクリスタルのシャンデリア、真紅のビロードのシートに囲まれた舞台が強烈な印象を残します。夜はオペラ、バレエ、コンサートが開かれ、オペラ座本来の役割を果たしています。
Place de l’Opéra (9区). [交]メトロOpéra駅. [TEL] +33 (0) 892 89 90 90 (0.35 €/分). 1/1, 5/1および特別なイベントの開催日をのぞく毎日:10:00〜17:00(午後の公演がある日は10:00〜13:00/14:00、7月中旬〜8月末は10:00〜18:00)。料金:11€。[URL] www.operadeparis.fr/visites

カタコンブ CATACOMBES DE PARIS

入り口があるのは、「ベルフォールの獅子」像のレプリカが目印のダンフェール=ロシュロー広場。ローマの地下墓地にならってカタコンブと呼ばれ、迷路のような地下通路には約600万人のパリの住民の遺骨が納められています。すぐ近くにはパリ天文台もあります。 
1 av. du Colonel Henri Rol-Tanguy (14区). [交]メトロDenfert-Rochereau駅. [TEL] +33 (0) 1 43 22 47 63. 月曜および一部祝日をのぞく毎日:10:00〜20:30。料金:13€。カタコンブと古代地下聖堂の共通券:17€。[URL] www.catacombes.paris.fr