12月8日~ 9日に予想されるパリでの混乱に関して

最近、パリの一部の路上で発生した出来事に関する情報。

Pont de Sully et Notre-Dame de Paris, depuis la Seine © Fotolia - djama

12月1日にはパリ市内、特にシャンゼリゼ界隈でデモが繰り広げられました。それに伴う秩序の乱れにより、シャンゼリゼ大通りをはじめとする周辺の通りで、器物損壊が確認されました。翌日には破損部分は修復され、市内は通常の状態に回復しています。

年末イベントで盛り上がるこの季節、パリはクリスマスの魔法で訪れる人を常に魅了しています。スケートリンク、イルミネーション、催し物、家族向けのスペクタクルなど、子供から大人までを夢中にさせるイベントやアトラクションは、ほぼ予定通り新年まで行われます。

また、このデモは観光客を対象にしたものではありません。しかしデモの影響により、一部の公共交通機関の駅、美術館・博物館や歴史的建造物が、やむなく臨時閉鎖・閉館している状況です。12月8日(土)~ 9日(日)に予定されているデモを想定し、 パリ滞在中は観光局のTwitterアカウント、Paris Je T'aimeにてデモの状況確認を行うことをお勧めいたします。そして不快な状況を避ける為に、デモの集団には近寄らないようにしてください。

>>> ほとんどの観光地が今週の日曜日、12月9日に通常の活動を再開しました

2018年12月8日~ 9日に閉館を発表しているパリの美術館・博物館と歴史的建造物のリスト。

パリ観光局のオンライン販売サイトで購入された商品に関してのご質問にお答えする専用電話を設置いたしました(+33 1 49 52 42 63)。また、Parisinfoにて臨時閉館や中止の可能性のある場所・イベントに関する全情報をご覧いただけます。